読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kaciy Discovery

Windows、セキュリティ、プログラミング、映画、音楽、がメインです。

「Avira Free Antivirus」の検知時の対処法とスキャン方法と怪しいファイルを調べてもらう方法

セキュリティ アプリケーション(ソフトウェア)紹介

Avira Free Antivirus」の検知時の対処法とスキャン方法と怪しいファイルを調べてもらう方法を紹介します。

 

リアルタイム保護機能でマルウェア検知

リアルタイム保護機能でマルウェアが検知された場合の表示です。

この時点でマルウェアは隔離されています。

メッセージ表示を閉じる場合は右上にある「×」を押します。

下は「詳細」を押した場合の表示です。

隔離画面です。

ここで隔離されたファイルを復元したり削除などすることができます。

 

スキャン方法

ファイルを指定してスキャンする場合

ファイルを選択して右クリック、「選択したファイルをAviraでスキャン」を押します。

 

スキャンする部分を指定してスキャンする場合

「System Scanner」を選択します。

スキャン項目を選択して青枠のボタンを押します。

 

スキャン中。

 

検出した場合の表示です。

青枠の部分を押すとウェブページが開かれ、脅威の詳細を見ることができます。

選択した状態で右クリックするとメニューが表示され、処理方法を変更できます。

「クリーン」は隔離に移動させます。

 

「適用」を押します。

処理中の画面です。

処理が終わるとこの画面になります。

「閉じる」を押します。

「終了」を押します。

 

隔離されているファイル処理

左側の「隔離」を選択します。

項目を選択して上にあるボタンを押します。

 

怪しいファイルを調べてもらう方法 (送信)

怪しいけど検出しない、誤検知かもしれない、などの場合にファイルを送信して調べてもらうといいと思います。

「不審なファイルを「隔離」に追加」を押します。

ファイルを選択します。

ファイルが追加されました。

項目を選択して「選択したオブジェクトの送信」を押します。

必要情報を入力します。

アップロード中。

終了メッセージ。

 

マルウェア情報

広告を非表示にする