読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kaciy Discovery

Windows、セキュリティ、プログラミング、映画、音楽、がメインです。

KINGSOFT Internet Security 2017の性能テストをしてみた 結果はとても低い性能

セキュリティ アプリケーション(ソフトウェア)紹介

キングソフトが開発しているセキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security 2017」の性能はどうなのかテストしてみました。

 

テスト日:2017/4/8

テストしたファイル数:31

 

まずはKINGSOFT Internet Security 2017のテストです。

スキャン結果です。

検出数:7

24ファイル検出できてないので性能はとても低いです。

検出しなかったマルウェアを実行してみましたが、全て検出できませんでした。複数のランサムウェアが含まれていたのですがひどい目に遭いました。

 

次に比較のためにアバストの無料版でテストした結果です。

スキャン結果です。

検出数:26 (駆除したファイル数:24)

感染したファイルの数は26ですが駆除した数は24です。ファイルの中にファイルが含まれていたりするので感染したファイルの数が多くなっています。

 

 

KINGSOFT Internet Securityは「窓の社」などで紹介されていて、利用者もある程度いるようですがお勧めできない性能です。

設定項目は少なく難しい設定はないのでパソコンに詳しくなくても簡単に使えて、無料版でも電話サポートを受けられますが、性能はとても低いです。これだと使用する意味がないと感じるほどです。

フィッシングサイトなど危険なウェブサイトはほとんどブロックしてくれませんし、ブラウザはInternet Explorerにしか対応してないのでそれ以外では防いでくれません。

以前はAviraのエンジンが搭載されていてある程度の検出性能はありましたが(それでも低い性能)(初期設定では無効)、2017から搭載されなくなりそれが性能が低くなった理由です。

広告を非表示にする