読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kaciy Discovery

映画、音楽、パソコン関係がメインですが、様々な事を書いていきます。

無料で高機能なセキュリティアプリケーション「アバスト 無料 アンチウイルス」

アプリケーション(ソフトウェア)紹介 セキュリティ

無料で高機能なセキュリティアプリケーション「アバスト 無料 アンチウイルス」を紹介します。

 

*注意

最新版は今のところ、パソコンとの相性の問題なのか複数の問題が多発しているようなので、使用する場合は注意したほうがいいです。多くのアプリケーションが正常に動作しない、アンインストールできない、など。

 

説明

無料で使用できるセキュリティアプリケーションの中では、多機能、高性能、です。

ただし、誤検知が多いとされていて安全なファイルも検出してしまうので、それによりマルウェアも運よく検知して検出率が高くなっている可能性があります(はっきりしたことは分かりませんが)。

 

機能

機能

 

性能

性能

 

ウェブサイト

https://www.avast.co.jp/index

 

インストール

標準的なインストールをする場合は「インストール」、インストールする機能を選択する場合は「カスタマイズ」を押します。

カスタマイズしてインストールする場合の画面です。

インストールしない場合はチェックを外します。

「インストール」を押します。

インストール中です。

 

使い方

鍵マークがついているものは有料の機能です。

「セキュアラインVPN」には鍵マークはついていませんが有料です。

「Cleanup」は有料です。

「ゲームモード」はゲーム中にメッセージを表示しないようにしたり、アバストの動作を減らしてゲームが快適にできるようにする機能です。

 

設定

「PUP」は詐欺や迷惑なアプリケーションです。

音を鳴らさないようにするには「アバストのサウンドを有効にする」のチェックを外します。

「カスタマイズ」の部分を押せばその設定の詳細設定ができます。

チェックの部分を押せば機能の有効と無効が変更できます。

無料で使用できますが登録する必要があります。「すぐに登録する」を押します。

「アバスト無料アンチウイルス」の「選択」を押します。

有料版を使用する場合は右側の「選択」を押します。

 

ソフトウェア更新状況の設定

 

ブラウザ・クリーンアップの設定

 

ファイルシステムシールド

全てを有効(チェックを付ける)にしておいた方がいいです。

マルウェアはさまざまな形式があるので、「全てのファイルをスキャン」を有効にしておいた方がいいと思います。

マルウェアはさまざまな形式があるので、「全てのファイルをスキャン」を有効にしておいた方がいいと思います。

ファイルシステムシールド(常に監視してマルウェアを検出する)機能で誤って検出される場合に、検出から除外する設定です。本当に安全と分かっているファイルだけを登録してください。

「確認済みのシステムDLLをスキャンしない」、「永続的なキャッシュを使用する」、は有効にしないほうがいいように思います。理由は、見つかっていないマルウェアがあったとして、avastの更新による改良後に再びスキャンすることで検出できる可能性があるからです。もしスキャンしなければ感染に気づかないままになる可能性があります。

「一時的なキャッシュを使用する」は有効にしておかないと何度もスキャンされることになり、動作負担が大きくなります。

「全ての圧縮形式」にチェックを付け有効にしておいた方がいいです。

ヒューリスティックは未発見(新種)のマルウェアを検出するための技術です。感度を高くすればより多く検出できますが、誤った検出も増えてしまいます。avastは誤検知が多いとされていますが、高く設定していないと検出性能は低くなります。

「ファイル全体をテストする」は安全性を優先する場合は有効にしておいた方がいいです。

「PUP」に関してはマルウェアではないですが、あまり良くないアプリケーションです。それらを検出したい場合は有効にします。

 

ウェブシールド

最近は信頼されているように見せかけた悪質なウェブサイトもあるので、「信頼されているサイトをスキャンしない」は無効(チェックを外す)にしておいた方がいいと思います。

悪質な認証局もあり悪意のある人にデジタル署名を発行している場合があるので、「有効なデジタル署名のあるアーカイブをスキャンしない」は無効にしておいた方がいいです。

誤って検出される場合に検出しないように除外設定をします。

ヒューリスティックは未発見(新種)のマルウェアを検出するための技術です。感度を高くすればより多く検出できますが、誤った検出も増えてしまいます。avastは誤検知が多いとされていますが、高く設定していないと検出性能は低くなります。

「PUP」に関してはマルウェアではないですが、あまり良くないアプリケーションです。それらを検出したい場合は有効にします。

指定したURL(ウェブサイト)をブロックします。

 

挙動監視シールド

 

メールシールド

ヒューリスティックは未発見(新種)のマルウェアを検出するための技術です。感度を高くすればより多く検出できますが、誤った検出も増えてしまいます。avastは誤検知が多いとされていますが、高く設定していないと検出性能は低くなります。

「PUP」に関してはマルウェアではないですが、あまり良くないアプリケーションです。それらを検出したい場合は有効にします。

 

Wi-Fiの検査

使用中のデバイスやルーターに問題がないかを調べます。

「ネットワークスキャン」を押します。

スキャン中。

結果です。

 

ソフトウェア更新状況

 

スマートスキャン

スキャン中。

スキャン結果。

一部は有料の機能なので無料版では全ては解決できません。

「▼」を押すと詳細が表示されます。

「更新する」を押すと更新されます。

更新中。

 

検出時のメッセージ

ファイルを調べている時の表示です。

マルウェアの可能性があると判断されると検出し、ファイルがウイルスラボに送られ詳しく調べられます。

「詳細」を押すと詳細が表示されます。

ファイルを送信しない場合は「アバストウイルスラボにアップロードして詳しく解析する」のチェックを外します。

ウイルスラボで調べられた結果が表示されます。このファイルの場合は数分程度でした。恐らくプログラムで自動で調べられているんだと思います。人が調べているのであれば早すぎですし。

 

スキャン

スキャン結果です。字が白いのでかなり見づらいです。「詳細を表示」を押すと詳細が表示されます。

処理を選択して「適用」を押します。

処理後の結果です。

スキャン履歴です。

 

ウイルスチェスト

検出して隔離したファイルです。復元したり削除したりできます。

処理する項目を選択して右クリックして処理する内容を選択します。

削除する場合のメッセージです。

広告を非表示にする