読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kaciy Discovery

Windows、セキュリティ、プログラミング、映画、音楽、がメインです。

マルウェアに感染したらインターネット接続を切るのは正しいのか?

マルウェアに感染したらインターネット接続を切るのは正しいのか?

 

よくマルウェアに感染したらインターネット接続を切った方がいいと説明している人がいます。感染や被害拡大しないための措置としては私も正しいと思います。ですが問題もあります。

 

マルウェアを見つけて駆除する場合はセキュリティアプリケーションが必要です。上級者であればセキュリティアプリケーションが無くても見つけられる場合もあると思いますが、ほとんどの人はセキュリティアプリケーションに頼らざるを得ません。

 

ですが、最近のセキュリティアプリケーションはクラウドを重視していて、ウイルス定義の一部はダウンロードしておくけど、それ以外はクラウド上に保存されているセキュリティアプリケーションがあります。例えば、ウイルスバスターはそのようになっているようです。これによりウイルス定義の保存に必要な容量を大幅に減らせるので、容量が少ないパソコンでは有効です。さらに更新時間が短くなります。

 

ウイルス定義を一部しかダウンロードしないことには問題もあります。インターネット接続を切ってマルウェアを駆除しようとする場合です。クラウドで調べるセキュリティアプリケーションの場合はインターネットに接続している必要があります。接続していないとウイルス定義が一部しかないのでそれに対応したマルウェアしか検出できません。これではマルウェアを発見することができない可能性が高くなります。

 

マルウェアに感染したらインターネット接続を切るのは正しいですが、マルウェアを探す時はインターネットに接続しておく必要があります。もちろん全てのセキュリティアプリケーションではなく、ウイルス定義の一部しかダウンロードしないものはです。全てのウイルス定義をダウンロードしているものは、インターネット接続を切ったままでも問題ありません。

 

セキュリティアプリケーションの特徴に合わせて対処方法を変える必要があるので、使用しているセキュリティアプリケーションはどのような特徴があるのかを確認しておくといいと思います。

広告を非表示にする