読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kaciy Discovery

Windows、セキュリティ、プログラミング、映画、音楽、がメインです。

広告や不要又は迷惑なアプリケーションが入り込んだ場合の対処法

無料のアプリケーションをインストールした時などに、気づかないうちに広告を表示するアプリケーションや不要又は迷惑なアプリケーションが入り込んで、広告や迷惑なアプリケーションが画面上に表示されるなどの場合があります。そこで、その場合の対処法を紹介します。

 

広告や不要又は迷惑なアプリケーションはセキュリティアプリケーションではあまり検出されない

広告や不要又は迷惑なアプリケーションは、セキュリティアプリケーションではあまり検出されません。対応もあまりしてくれないと思います。理由はマルウェア(悪意のあるもの)ではないからです。中にはマルウェアに近い事をするものもあり、その場合は検出対応している場合が多いようです。

収入が目的なので、テレビのCMやウェブサイトに表示される広告と同じようなもので害はないからです。迷惑だったりしますが、無料で提供するためには広告は必要なものなので、無料のアプリケーションを使用するなら受け入れる必要があると思います。

 

アンインストールする

インストールされている場合はアンインストールで削除できる場合があります。まずはアンインストールを試してだめなら、下の方法で対処する必要があります。

詐欺や不要又は迷惑なアプリケーションはアンインストール処理がしっかりしていない場合があり、ファイルやレジストリ値が全て削除されずに残ってしまう場合があります。そこで、アンインストール支援アプリケーションを使用すると、消し忘れを見つけて削除できます。ただし、アプリケーション名などを元に探すので、フォルダやファイル名などが違う名前になっている場合は見つけられません。

全てのファイルを削除することは難しいです。

 

アプリケーションが広告を表示している場合はそのアプリケーションを削除

広告を表示するだけのアプリケーションではなく、使用しているアプリケーションが広告を表示している場合は、そのアプリケーション自体を削除(アンインストール)する必要があります。

そのアプリケーションが必要な場合は広告が表示されることは諦めるしかありません。

 

広告や不要又は迷惑なアプリケーションを多く検出するセキュリティアプリケーション

Windows用のアプリケーションは、「Malwarebytes Anti-Malware」、「AdwCleaner」、があり通常のセキュリティアプリケーションよりも多く検出できます。

 

スタートアップ、タスクスケジューラ、サービス、を確認する

スタートアップ、タスクスケジューラ、サービス、はパソコン起動時や特定の時間に実行させる機能です。ここに登録されていないと基本的に動作はしないので、確認して怪しいものがあれば削除すれば解決します。

まずは実行するファイルを削除して、次にスタートアップなどに登録されている情報を削除します。

アプリケーションの「Autoruns」で確認でき、無効化や削除も簡単にできます。スタートアップフォルダやレジストリのスタートアップなど個別に確認できますが、詳しくなければ難しいので「Autoruns」などのアプリケーションを使用したほうが良いです。

ダウンロードページ:https://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb963902.aspx

登録されているものが怪しいかどうかは日々新しいものが登場しているので、インターネットで検索して確認するしかありません。

 

残骸が残っていないかを確認する

ファイルの消し忘れが残っている可能性は高いので、手動での確認と削除が必要です。入り込んでしまったアプリケーションの名前で調べてみるといいと思います。省略形になっているなどの場合もあるので、そのようなことも考慮して探す必要があります。

レジストリにも残っている可能性がありますが、レジストリは詳しくなければリスクが高いのであまり触らないほうが良いです。設定情報なのでこれだけで動作したり問題が発生することはないので、残っていても問題はありません。

広告を非表示にする