読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kaciy Discovery

映画、音楽、パソコン関係がメインですが、様々な事を書いていきます。

問題を考える - 生産終了

問題を考える

企業が製品の生産を終了する場合があります。企業側はコストや部品調達の関係で諦めざるを得ない状態ですが、求めている人にとっては続けて欲しいと思っています。

 

高くても買ってくれるのであれば企業は生産すると思いますが、そういうわけにもいかないので企業は批判ばかりされてしまいます。生産の大変さを分かっている人などは受け入れているようですが、全ての人が受け入れられるわけではないので、最後に生産を終了する企業は重圧が大きいと思います。

 

VHSビデオデッキの生産が終了しましたが、復活を望む声は多いようです。VHSはビクター(現JVCケンウッド)とソニーが規格争いでビクターが勝ちました。ですが、DVDやハードディスク内蔵のレコーダーが登場し、現在ではブルーレイが一般的になっています。

VHSはほとんど使われなくなり、購入する人はほとんどいません。ビデオデッキだけが生産されていてもVHSテープが生産されていなければ意味がありません。

VHSテープからDVDにダビングできるのでこの場合は対応策がありますが、このような対応策がない場合は生産終了の影響はある程度大きいと思います。手間や古さがあるから良いと感じる人は多く、レコードは最近注目されていて、このような場合は残し続けることも必要だと私は感じます。

 

最近はクラウドファンディングなどがあるので、そのような方法で復活させることができる可能性があるのではと思います。必要な資金が集まればそれを利用して生産できますし、企業側のリスクは低いので、そのような方法を個人が企業に求めたり、企業自身が検討することもあっても良いのではと思います。

広告を非表示にする