読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kaciy Discovery

映画、音楽、パソコン関係がメインですが、様々な事を書いていきます。

怪しいウェブサイトを開かないように注意すれば安全は間違い

セキュリティ

怪しいウェブサイトを開かないように注意すれば安全は間違いです。大手企業のセキュリティがしっかりしたウェブサイトでも、ハッキングなどを受けるなどして不正に書き換えられ危険なウェブサイトになることがあります。

例えば、アメリカのYahooで大量の情報が漏れたことがありましたが、大手企業でも安全ではありません。

 

怪しいウェブサイトを開かないようにすれば安全と考えている人がいますが、この考えはとても危険です。問題ないと思っている人は知識がないか嘘を言っています。

しっかりした企業のウェブサイトでも不正に書き換えられて、閲覧しただけでマルウェアに感染するなどされてしまう場合があります。実際にこのようなことは多いです。少なく感じるのは報道されたりされてないからです。

 

ウェブサイトには広告が表示されている場合がありますが、広告はウェブサイトの管理者とは関係ない場合が多く、広告を配信している企業がしっかりした管理ができてなければ、広告に不正なプログラムが仕込まれる可能性があります。このようなことは多いようです。

 

Flash Playerを無効にすればほとんどの被害を防げると言っている人がいますが、リスクはFlash Playerだけではありません。他にもWord Pressの脆弱性など何らかのウェブサービスやツールを利用しているウェブサイトはとても多くなっています。大手企業でもWord Pressなどは利用しています。

 

ウェブサイト側のセキュリティを信頼せずに、自分自身でもセキュリティ対策をしっかりしておく必要があります。

広告を非表示にする