読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kaciy Discovery

Windows、セキュリティ、プログラミング、映画、音楽、がメインです。

Windows用のアンインストーラ制作でファイルを残さずに完全に削除する方法

プログラミング

Windows用のアンインストーラ制作でファイルを残さずに完全に削除する方法を紹介します。

 

ソフトウェアをアンインストールしても、アンインストーラの実行ファイル(.exe)が残ってしまいます。これは、実行中は削除できないことが原因です。ではどうすればいいのか?方法はバッチファイルを使用します。

 

・手順
1.アンインストーラアンインストーラアンインストーラが入っているフォルダ以外のレジストリデータやファイルやフォルダを削除。
2.アンインストーラでバッチファイルを作成。
3.アンインストーラでバッチファイルを実行してすぐにアンインストーラを終了。
4.バッチファイルでアンインストーラとバッチファイル自身も削除。

 

バッチファイルを実行しても読み込まれるだけで、実行しているのはコマンドプロンプトなのでバッチファイルは削除できます。

 

・バッチファイルの内容
cd /d \"インストールパス(例:C:\Program Files)\"
timeout /t 2
rd /s /q \"フォルダ名(例:Internet Explorer)\"
del /f \"バッチファイル名(例:BatchFile.bat)\"

 

ファイルに書き込む時は、エンコーディングは"Shift JIS"、改行は"\r\n"にしてください。そうしないと正常に動作しません。

バッチファイルの保存場所はアンインストーラがある場所でも構わないと思います。
1行目はルートを指定しています。
2行目はアンインストーラが終了していないと削除できないので、終了するまでの待ち時間を指定します。待ち時間の間に終了しなかった場合は削除できないので、一番良い方法ではありません。
3行目はアンインストーラが入っているフォルダを削除します。これでアンインストーラも削除されます。
4行目はバッチファイルを削除します。

広告を非表示にする