読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kaciy Discovery

映画、音楽、パソコン関係がメインですが、様々な事を書いていきます。

イスラム国との戦い

問題を考える

イスラム国が過激になってきています。でも、孤立しつつあります。イスラム教徒以外の宗教の人達は既に批判的ですし、イスラム教徒でも批判的になっています。イスラム国の内部でも離脱する人がいるそうです。こんなことをやってたら、数年後には規模は小さくなってると思います。戦略的に見えますが、良くない戦略だと思います。これだと長続きしません。
インターネットを利用してますが、ハッカー集団アノニマスイスラム国のウェブサイトを攻撃したりしました。もし、お互いが攻撃するようになれば、アノニマスが勝つと思うのでインターネットでも負けます。私達にも影響があります。(DDos攻撃であれば)攻撃に利用するのはマルウェアに感染したコンピュータだったりするので、もし感染していたら攻撃に利用される可能性があります。ハッキングして個人情報を漏らしたりしています。巻き込まれないようにセキュリティ対策をしっかりとしておく必要があると思います。

 

イスラム国は同じイスラム教徒からも批判されているので、密告が増えると思います。密告が増えれば軍が攻撃できるので、規模は大幅に縮小すると思います。でも、戦い方を学んで国に戻った人達の攻撃は増えるかもしれません。日本でも起こる可能性はあります。以前、暴力団がロケットランチャーなどの武器を隠していた事件がありましたが、日本にも多くの危険な武器が密輸されています。手に入れようと思えば手に入れられる状態です。最悪の場合核兵器が密輸される可能性もありえます。イスラム国は資金力があるので買えないことはないと思います。原発を狙われる可能性がありますし、様々な可能性を考えておく必要があります。

 

フランスのパリで起きた銃撃事件は衝撃を受けました。確かに冒とくや差別的な部分があるのは問題ですし、差別にならないように表現する必要はあると思います。でも、表現の自由は重要なのでバランスは難しいと思います。このままだと過激派だけでなく、過激派ではないイスラム教徒の反発が広がると思います。

亡くなられた方にご冥福をお祈りします。

広告を非表示にする