読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kaciy Discovery

映画、音楽、パソコン関係がメインですが、様々な事を書いていきます。

電力問題を考える

問題を考える

電力問題が広がっています。

 

再生可能エネルギーの固定価格買取制度
再生可能エネルギーの固定価格買取制度での電気料金値上げ、環境問題などがあります。
再生可能エネルギーの固定価格買取制度によって電力会社は高く買い取る必要があります。でも、高く買い取ればそれに合わせて高く売る必要があります。電力会社が負担すればいいと言う意見がありそうですが、税金で赤字分を穴埋めできるわけではないので、赤字にするわけにはいきません。最悪の場合、破綻して電力が供給されない事態になる可能性があります。ドイツでは負担が大きすぎて、多くの人が高く買い取る制度を止めて欲しいという意見がかなり多いようです。日本でも負担の大きさから止めて欲しいという意見が多く、これ以上高くなるなら原発を再稼働させて欲しいという意見もかなり多いようです。固定価格買取制度が始まる前から私が危惧していた事が現実になりました。電気料金が上がってでも原発は再稼働させるべきではないという意見もあります。でもそういう人達は、まだ払える余裕がある人達だと思います。太陽光パネルを設置して売ることで電気料金を減らせて、長期間使えば利益にもなりますが、設置できるのはお金があって設置場所がある人達だけです。お金が無い人達は負担が増えるだけです。

 

・実は再生可能エネルギーは環境に良くないかも
再生可能エネルギーは環境に良いと思うかもしれませんが、実は環境に悪影響の可能性があります。
太陽光発電では、太陽光パネルの製造時にかなり有害なものを必要とします。化石燃料を使うよりも影響は小さいかもしれませんが、小さな影響でも無視はできません。
風力発電は騒音問題があるので、周辺の理解が得られなければ設置することは難しいです。場合によっては裁判や事件に発展する可能性があるからです。海に設置すればいいですが、日本の海は少し沖に出るだけで急に深くなります。浮かせて設置する必要がありますが、今は実証研究段階で技術的にも難しいそうです。
波力発電は船の航行の妨げになったり、場合によっては気づかずに衝突してしまって沈没する可能性があります。そうなれば命に関わります。風力発電だと高さがあるので気づきやすいですが、波力発電は高さがないので気づきにくいです。
地熱発電は温泉資源を脅かしかねないので、旅館などから反発があります。それに、深く掘ることになるので、掘る場所によっては地震発生を招くなどの可能性もありえるかもしれません。日本は断層が多く、地震や火山大国なので深くまで掘るのはリスクがあります。
海流発電では小規模であれば影響は無いと思いますが、大規模になると流れを止めてしまう可能性があります。海流は海の生き物にとって重要ですし、気温を調整する役割もあります。最悪の場合、気候変動を起こす可能性があります。
水力発電はダムの場合はその部分は浸水するので環境破壊になります。川や用水路などに設置する小型のものは環境破壊が小さい又は無いですが。
バイオマス発電は燃やして発電するので、二酸化炭素が排出されるので環境破壊になります。
推測の部分もありますが可能性はあるので、影響をよく考える必要があります。ただ、長期的に使えるものは再生可能エネルギーしか無いので、普及させる必要があります。

 

・火力発電と原子力発電
火力発電ですが、石炭、石油、天然ガスなどがあります。でも、資源を取り出すために掘る必要があります。掘れば環境破壊になりますし、燃やす時にも環境汚染をします。石油を取り出すと空洞になります。空洞になった部分を埋めなければ、地盤沈下地震発生を助長したりの可能性があります。埋めるとしても大量の石油を取り出しているので、埋めるものを用意することは難しいと思います。火力発電は原発の核燃料と違って燃やして出た有害なものを隔離することができません。二酸化炭素よりも放射線のほうが危険なように思ってる人がいるかもしれませんが、二酸化炭素放射線と同程度の危険性があります。どちらも濃度が高ければ命のリスクがあります。徐々にですが、閉じ込めたりよりよりクリーンにして排出する技術が開発されつつありますがまだ研究段階です。閉じ込めてもそれをどうするのかなどの問題もあります。閉じ込める以外にも様々な技術開発がされてますが、本格的な実用化はまだ先です。
原発は核燃料を隔離することで飛散しないようにできますが、事故が起こると広い範囲が汚染されてしまいます。でも、さっきも書いたように二酸化炭素は閉じ込めずに垂れ流し状態です。意識してこなかった状態で事故が起き注目されるようになったから、パニック状態になったんだと思います。もしこれが二酸化炭素だった場合、パニック状態になってたのではないかと思います。

 

・電力会社
日本は様々な災害があります。電力会社はそれに備えて電力料金に上乗せして、資金を貯めておく必要があります。資金不足で復旧できないということだけは避けなければいけません。それに、為替の変動、原油価格などの変動がありますが、電気料金を頻繁に変更はできないので(申請などの手続きがあるなどの問題があるから)、少し高めに設定する必要があります。原油価格は一定期間固定で契約してるので、その時に料金を見直せばいいですが。

ここに書いた発電方法以外にも、多くの発電方法があります。極力環境破壊をしないようにして、一部の発電方法で発電できない場合に他の発電方法で発電するなど、バランスのいい発電をする必要があると思います。
様々な問題を議論して解決していかないと、深刻な状況になる可能性があります。

広告を非表示にする